○渋川市等公平委員会規則

平成18年6月1日

公平委規則第1号

(事務職員)

第1条 渋川市等公平委員会(以下「公平委員会」という。)の事務を掌理するため、書記を置く。

2 書記は、市長の補助職員と兼任することができる。

(職員の任命)

第2条 書記は、公平委員会が任命する。

(職員の職務)

第3条 書記は、公平委員会の決定又は委員長の命に従い、公平委員会に関する事務を掌理する。

(定例会)

第4条 定例の会議は、毎年4月及び9月に開く。ただし、委員の過半数の同意により、開催日を変更し、又は休会とすることができる。

(臨時会)

第5条 臨時の会議は、委員の過半数の要求により、また、委員長が必要と認めるときは、これを開くことができる。

(会議の公開)

第6条 公平委員会は、出席委員の過半数の同意により会議を公開することができる。

(会議録)

第7条 会議の議事録は、書記が作成し、次の事項を記載するものとする。

(1) 開会、閉会に関する事項及びその年月日時

(2) 会議に付した議案の件名

(3) 委員の意見の要旨及び氏名

(4) 採決の事件及びその結果

(5) 諸般の報告

(6) その他必要事項

2 議事録は、委員全員及び書記が署名押印しなければならない。

(会議録の閲覧)

第8条 公開の会議の議事録は、公平委員会の定める場所において、関係者の閲覧に供しなければならない。

(文書の取扱い)

第9条 この規則に定めるもののほか、文書の取扱い等については、渋川市役所処務規則(平成18年渋川市規則第27号)及び渋川市行政情報等取扱規則(平成18年渋川市規則第21号)の例による。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

渋川市等公平委員会規則

平成18年6月1日 公平委員会規則第1号

(平成18年6月1日施行)

体系情報
第2編 議会・監査・公平委員会/第3章 公平委員会
沿革情報
平成18年6月1日 公平委員会規則第1号