本文へ

トップページ » 広域組合の概要 » 広域組合のあゆみ

広域組合のあゆみ

広域行政のあゆみ1(昭和3年~昭和63年)広域行政のあゆみ2(平成元年~平成27年)

広域行政のあゆみ1(昭和3年~昭和63年)

昭和3年
9月
渋川町外3箇町村組合を設立し、伝染隔離病舎を建設
昭和36年
5月
渋川市外7箇町村組合に組織を拡充
昭和41年
4月
渋川市外7箇町村組合の共同処理する事務にごみ、し尿の処理を加える。
昭和45年
11月
「渋川地区広域行政協議会」を設置
昭和46年
3月
「渋川地区広域市町村圏計画(現況と課題)」の作成
7月
自治省より「広域市町村圏振興整備措置要綱」に基づく圏域指定を受ける。
9月
「渋川地区広域市町村圏振興整備組合」を設立
昭和47年
2月
「渋川地区広域市町村圏計画」を策定
4月
広域事業開始
渋川市消防本部・消防署を発展的に解消し、組合消防本部・消防署を設置
6月
五輪平清掃工場完成(事業主体渋川市外7箇町村組合)(45~47年度)
60t/24h×2基
日本消防協会から広報車1台寄贈(本部)
8月
「渋川地区広域市町村圏高等学校設置推進調査会」を設置
12月
消防署本署の増改築完了  増改築面積  216.0m2
消防救急指令装置設置 消防ポンプ自動車2台購入
昭和48年
1月
消防署西分署完成  建物面積  352.5m2
2月
消防署西分署を開署し、水槽付消防ポンプ自動車1台配置
3月
不燃焼物処理工場完成(渋川市外7箇町村組合)20t/5h
4月
渋川市外7箇町村組合を統合
承継施設
・渋川衛生センタ-(80kl/24h) ・五輪平清掃工場(120t/24h)
・中村清掃工場(15t/24h)   ・不燃焼物処理工場(20t/5h)
・伝染病隔離病舎 35床
伊香保町清掃工場を組合に移管
承継施設
・伊香保町営じん介焼却場(60t/24h)
「社会教育推進連絡協議会」の設置
7月
群馬県共済農業協同組合連合会から救急車1台寄贈(本署)
新潟県出雲崎町中学校海岸校舎を借用して臨海学校を開設
10月
老人休養センタ-城山荘完成(47~48年度) 建物面積 1,680.5m2
老人休養センタ-城山荘を開館  宿泊利用定員80名 休憩利用定員80名
11月
消防署南分署完成  建物面積  354.3m2
12月
消防署南分署を開署し、水槽付消防ポンプ自動車1台配置
職業訓練センタ-用地取得  土地面積 4,483.0m2
特別養護老人ホ-ム用地取得  土地面積 5,004.0m2
渋川地区危険物安全協会から連絡車1台寄贈(本部)
昭和49年
1月
梯子付消防ポンプ自動車購入(本署)
7月
臨海学校用地(建物含む)取得 土地面積 5,653.8m2
中村清掃工場を廃止
昭和50年
2月
消防署東分署完成  建物面積 354.3m2
3月
消防署東分署を開署し、水槽付消防ポンプ自動車1台配置
職業訓練センタ-実習場完成  建物面積 272.2m2
6月
「渋川地区広域圏県立高校誘致促進期成同盟会」を設置
9月
高校新設が、渋川地区に決定する。
「国立渋川病院整備促進期成同盟会」を設置
12月
広報紙「広域だより」第1号の発行
昭和51年
2月
消防署北分署完成  建物面積 354.3m2
3月
消防署北分署を開署し、水槽付消防ポンプ自動車1台配置
職業訓練センタ-校舎完成  建物面積 796.2m2
4月
職業訓練校開校(職業訓練法人渋川職業訓練協会に管理運営を委託)
昭和52年
3月
ごみ埋立用地取得  土地面積 10,685.0m2
4月
伊香保清掃工場を廃止
視聴覚ライブラリ-を設置
12月
梯子付消防ポンプ自動車購入(西分署)
日本損害保険協会から救急車1台寄贈(本署)
昭和53年
3月
ごみ埋立用地取得  土地面積 1,472.0m2
7月
臨海学校浴場完成  建物面積 84.9m2
渋川交通災害共済組合から救急車1台寄贈(本署)
10月
ごみ埋立用地取得  土地面積 539.0m2
12月 消防ポンプ自動車購入(北分署)
昭和54年
2月
消防本部・本署施設用地取得 用地面積 1,576.0m2
3月
農地還元施設完成 1基(濃縮貯留槽180m3
8月
「青少年の村」建設事業補助(53~54年度)
昭和55年
2月
消防署通信指令室増築  増築面積  55.6m2
3月
「新渋川地区広域市町村圏計画」を策定
五輪平清掃工場汚水処理設備完成
農地還元施設完成 1基(濃縮貯留槽180m3
5月
し尿処理場用地取得  土地面積 13,973.0m2
老人休養センタ-城山荘冷房設備完成(54~55年度)
6月
臨海学校改築(54~55年度) 建物面積 2,015.9m2
昭和56年
3月
農地還元施設完成 1基(濃縮貯留槽180m3
五輪平清掃工場電気集塵装置完成
6月
人員機材輸送車購入(本署)
7月
臨海学校一般利用を始める。
昭和57年
3月
農地還元施設完成 1基(濃縮貯留槽180m3
広域圏運動場用地取得  土地面積 10,794.0m2
広域圏運動場造成・歩道橋完成
昭和58年
1月
老人休養センタ-城山荘ゲ-トボ-ル場完成(2面)
3月
農地還元施設完成 1基(濃縮貯留槽180m3
広域圏運動場一部完成 ゲ-トホ-ル場(2面)・プ-ル(25m・幼児プ-ル)
8月
榛東埋立処分場完成 (57~58年度) 埋立容量 80,900m3
10月
榛東埋立処分場供用開始(運営管理業務を民間に委託)
環境クリ-ンセンタ-完成(56~58年度)  処理能力 130kL/24h
建物面積 4,429.61m2
渋川衛生センタ-を廃止し、環境クリ-ンセンタ-へ処理業務を全面移行する。
昭和59年
3月
広域圏運動場完成  テニスコ-ト(ハ-ドコ-ド2面)
運動広場(5,389m2)・駐車場等
5月
地域総合整備事業計画「まちづくり特別事業対策」が始まる。
6月
火災情報テレホンサ-ビスを開始する。
昭和60年
3月
救急車1台購入(本署)
4月
環境クリ-ンセンタ-第3号井戸削井完成
11月
救急車を配置替え。東分署及び南分署へ配置。
本署2台、東分署及び南分署各1台の救急車4台出場態勢となる。
昭和61年
1月
日本損害保険協会から救急車1台寄贈(北分署) 救急車5台出場態勢となる。
12月
ポンプ付救助工作車購入(本署)
昭和62年
3月
日本損害保険協会から救急車1台寄贈(西分署) 救急車6台出場態勢となる。
昭和63年
3月
「渋川地区広域市町村圏事業調査書」の作成
9月
榛東埋立処分場拡張工事完成(62~63年度) 拡張埋立容量 54,000m3

広域行政のあゆみ2(平成元年~平成29年)

平成元年
1月
渋川地区広域圏住民アンケ-ト調査の実施  2,500人
山之内製薬(株)から救急車1台寄贈(本署)
2月
特別養護老人ホ-ム用地を処分
3月
「渋川地区広域市町村圏計画基礎調査報告書」の作成
11月
新清掃センタ-用地取得  土地面積 31,613.0m2
平成2年
1月
夜間急患診療所を開設  建物面積 125.2m2
2月
「第3次渋川地区広域市町村圏計画」を策定
5月
農地還元施設3基を半田工業団地造成のため撤去する。
平成3年
8月 小野上埋立処分場用地取得  土地面積 51,590.3m2
平成4年
3月
榛東処分場の埋立期間満了
9月
自治省より「ふるさと市町村圏」に選定される。
12月
小野上埋立処分場完成(3~4年度)埋立容量 95,000m2
平成5年
3月
小野上埋立処分場供用開始
新清掃センタ-完成(2~4年度)
建物面積 6,186.05m2
・焼却施設 155t/16h
・粗大ごみ処理施設 40t/5h
「ふるさと市町村圏広域活動計画」を策定
4月
清掃センタ-を廃止し、新清掃センタ-へ処理業務を全面移行する。
救急医療対策事業(休日在宅当番医制、歯科在宅当番医、病院群輪番制)実施
6月
職業訓練センター校庭整備
平成6年
3月
伝染病隔離病舎完成(5年度) 建物面積463.80m2
はしご付き消防ポンプ自動車更新(本署)
6月
渋川地区危険物安全協会から連絡車1台寄贈(本部)
9月 職業訓練センタ- 鉄筋組立実習棟 建物面積106.00m2
11月
伝染病隔離病舎用地取得 土地面積13.22m2
消防庁舎冷暖房施設改修 事業費 10,212千円
平成7年
2月
伝染病隔離病舎用地取得 土地面積279.52m2
水槽付消防ポンプ自動車更新(本署)
救急自動車更新(東分署)
3月
観光案内板設置(関越道駒寄PA上り側)
環境クリ-ンセンタ-受入室増設 鉄骨造平屋建90m2
11月
老人休養センタ-駐車場整備
平成8年
1月
救急自動車更新(北分署)
2月
水槽付消防ポンプ自動車更新(北分署)
消防ポンプ自動車更新(本署)
3月
観光案内板設置(関越道駒寄PA下り側)
職業訓練センタ-実習棟増築
消防署乾燥塔改築
平成9年
2月
救急自動車更新(南分署・西分署)
3月
観光案内板2基設置(榛東村・小野上村)
消防署訓練場整備
渋川ライオンズクラブから連絡車1台寄贈(本部)
11月
渋川地区広域圏住民アンケ-ト調査の実施  3,000人
観光案内板設置(伊香保町)
平成10年
1月
高規格救急車購入(本署)
2月
観光案内板設置(赤城村)
3月
渋川地区広域圏火葬場及び斎場建設事業用地取得
取得面積 11,745m2
6月
環境クリーンセンタ-基幹的整備事業
処理能力 94KL/24h
渋川地区広域圏火葬場及び斎場建設事業用地取得
取得面積 8,736m2
9月
観光案内板設置(北橘村)
12月
「渋川地区広域市町村圏事業調査書(改訂板)」の作成
平成11年
2月
老人休養センター浴室補修及び大型冷蔵庫設置
3月
消防署自家発電設備設置交換
職業訓練センター製図室及びとび科実習棟増築
増築面積 137m2
渋川地区広域圏火葬場及び斎場建設事業用地取得
取得面積 80.85m2
伝染病隔離病舎の管理、運営事務を県に移管
平成12年
2月
「第四次渋川地区ふるさと市町村圏計画」を策定
4月
老人休養センターに温泉給湯
5月
リサイクルセンター完成(11~12年度)
建物面積 1,005.32m2
・ペットボトル 0.7t/5h
・ガラスビン 4.2t/5h
7月
渋川広域斎場しらゆり聖苑完成(10~12年度)
建物面積 3,146.55m2
・火葬炉5基・式場2室
平成13年
1月
水槽付消防ポンプ自動車更新(南分署)
2月 第1回県立ぐんま天文台親子観測会を実施
3月
救助工作車更新(本署)
観光案内板設置(子持村)
8月 第2回県立ぐんま天文台親子観測会を実施
平成14年
3月
梯子付消防自動車更新(西分署)
渋川広域斎場しらゆり聖苑 斎場・火葬棟間屋外通路庇増設
増設面積 46.94m2
広域組合ホームページ作成
4月
伝染病隔離病舎(建物)を渋川地区医療事務組合に譲渡
8月
広域イベント「第2回ふるさと再発見・都市ふるさと交流事業」を
県、関係市町村との連携により実施
10月
広域圏観光案内板設置(吉岡町)
清掃センター排ガス高度処理施設・灰固形化施設整備事業完成(12~14年度)
平成15年
2月
化学消防自動車更新(本署)
第3回県立ぐんま天文台親子観測会を実施
3月
日本損害保険協会から高規格救急自動車1台寄贈(南分署)
消防通信指令棟及び訓練塔完成
4月
広域組合事務局を旧農業共済事務組合庁舎に移転
渋川地区農業共済事務組合を統合し農業共済事業を開始
7月
全国ふるさと市町村圏研修セミナー2003in渋川広域圏を開催
8月
第4回県立ぐんま天文台親子観測会を実施
広域イベント「第3回ふるさと再発見・都市ふるさと交流事業」を県、関係市町村と連携により実施
平成16年
1月
水槽付消防ポンプ自動車更新(西分署)
3月
高機能消防指令センター更新
4月
老人休養センター城山荘を閉館
農地還元施設(小野子ピット2号)を廃止
7月 第1回広域圏温泉スタンプラリーを実施
8月 第1回親子施設見学会を実施
12月 水槽付き消防ポンプ自動車更新(本署)
平成17年 2月 高規格救急自動車更新(東分署)
3月 清掃センター粗大施設プレス機更新
7月 第2回広域圏温泉スタンプラリーを実施
8月 第2回親子施設見学を実施
12月 高規格救急自動車更新(北分署)
清掃センター自動燃焼装置更新
平成18年 2月 渋川市合併(構成市町村 8→3)
3月 清掃センター1号炉灰出しフライトコンベア更新
7月 第3回広域温泉スタンプラリー
8月 第3回親子施設見学を実施
平成19年 1月 高規格救急車更新(救急2号車)
11月 清掃センター2号炉灰出しフライトコンベア更新
12月 渋川地区広域市町村圏住民アンケート調査実施 3,000人
平成20年 1月 高規格救急自動車更新(西分署)
3月 臨海学校建物耐震診断
清掃センター空気予熱器煙管更新等
清掃センター可燃不燃選別装置等更新
平成21年 2月 水槽付消防ポンプ自動車更新(東分署)
3月 夜間急患診療所移転事業
職業訓練センター下水道切替補修工事
清掃センター分散型自動制御システム(DCS)更新
清掃センター排ガス分析装置更新(2台)
臨海学校を廃止
4月 夜間急患診療所を渋川市福祉庁舎「渋川ほっとプラザ」内に移転
旧夜間急患診療所(建物)を渋川市へ譲与
12月 臨海学校建物解体工事
職業訓練センター建物耐震診断
平成22年 2月 環境クリーンし渣コンベア№1更新
3月 高規格救急自動車更新
農業共済事業を廃止
10月
はしご付き消防自動車オーバーホール点検(西分署)
清掃センター不燃物倉庫建設完成
12月 日本損害保険協会から高規格救急車1台寄贈(西分署)
平成23年
3月
水槽付消防ポンプ自動車更新(北分署)
清掃センター回転式破砕機更新
10月
高機能消防指令センター指令システム部分改修
家庭ごみ清掃センター直接搬入手数料の有料化
平成24年 2月 小野上処分場埋立満了
3月
焼却灰、飛灰、破砕不燃物の処理、民間処分場(サイボウ環境株式会社)への搬出開始(委託期間:平成26年9月30日まで)
高規格救急自動車更新(南分署)
8月 消防防災通信基盤整備補助事業(J-ALERT)
平成25年 3月
DMAT合同多数傷病者対応訓練実施
災害対応多目的支援車購入(本署)
防火対象物・危険物施設台帳電子化事業
消防救急デジタル移動無線機整備
7月
清掃センター中央制御盤内変換器等更新工事
8月
しらゆり聖苑待合室増築工事(平成24年度から平成25年度)
平成26年 1月
環境クリーンセンター酸素製造装置等補修工事
3月
化学消防自動車更新(南分署)
高規格救急自動車更新(東分署)
消防救急デジタル基地局無線整備等
4月 しらゆり聖苑指定管理者の導入
12月 エコ小野上処分場完成(平成24年度から平成26年度)
埋立容量 70,000㎥ 建物面積 8556.59㎡
平成27年 2月 高規格救急自動車更新(北分署)
環境クリーンセンター長寿命化計画を策定
3月 常備消防力適正配置調査の実施
4月 高崎市・安中市消防組合ほか5一部事務組合消防指令事務協議会の設立
9月 消防救急無線共同整備完成(平成24年度から平成27年度)
10月 たかさき消防共同指令センター試験運用開始(渋川地区)
11月 雪害対策用除雪機(5台)購入(全署所)
12月 高規格救急自動車更新(本署)                               雪害対策用車両購入(本部)
平成28年 4月 たかさき消防共同指令センター正式運用開始
12月 はしご付き消防自動車オーバーホール点検(本署)
平成29年 3月 救助工作車を更新(本署)

 


リンク  |  お問い合わせ  |  個人情報の保護について  |  当サイトについて

渋川地区広域市町村圏振興整備組合
〒377-0007 群馬県渋川市石原1434番地1
TEL 0279-60-5200(代) FAX 0279-60-5881

Copyright © 2010 渋川地区広域市町村圏振興整備組合, All rights reserved.